データサイエンスに関わる技能を学びませんか?

今、様々な企業でマーケティングに精通したデータサイエンティストが求められています。
日本企業には、消費者の理解不足という構造的な問題があり、その問題をビッグデータの集積・分析により解消し、消費者を総合的に理解しマーケティングを行いたいというニーズが高まっています。しかし、実際にはそのようなスキルを持っている人材はほとんどいません。

そこで、この講座の参加学生の方には、この講座を通じてデータサイエンスやマーケティングのスキル・知識を修得し、これからの社会で活躍できる人材を目指してもらいます。

この講座を受講する学生の方々には様々なメリットがあります。例えば、

などです。
また、データサイエンススキルは様々なフィールドで必要とされているため、短期的な就職活動という視点でも重要かもしれませんが、 長期的な社会人活動という視点でも非常に役立つでしょう。

カリキュラム

プログラムを書いたことがない学生でも、データサイエンススキルを習得できるようにカリキュラムを設計しています。

夏学期のカリキュラムでは、

について学習し、基礎的なデータサイエンススキルの習得を目指します。

スキル習得後、習得したスキルに加えて経済学やマーケティングの知識とともに企業との共同研究に取り組み、習得したスキルを実践の中で磨きます。

現在、企業共同研究プロジェクトとして、eラーニング、金融、医療、広告などの幅広い分野のプロジェクトが進行しており、
また、これから多くのプロジェクトが展開されることとなっており、学生は自分の興味のある分野/業界の中で実践的なスキルを習得することができます。