Windows ユーザのための Ubuntu 環境構築方法

本チュートリリアルでは、unix系の環境を前提として進めていきます。
そこで、Windows ユーザ向けに VirtualBoxを用いて、
Windows 上で Linux(Ubuntu)を動かす環境を整えたいと思います。

VirtualBoxって何?

ざっくりと説明すると、既存のOS上で別のOSを実行することができるアプリケーションです。
これを使うと、OSがwindowsのマシン上で、Linuxマシンを仮想的に動かすことができます。

では、早速進めて行きましょう。
設定は以下の手順で行います。

  • VirtualBoxをダウンロードする。
  • VirtualBoxをインストールする。
  • ubuntuの仮想ディスクを取ってくる。
  • VirtualBoxでubuntuマシンを新規作成

VirtualBoxをダウンロードする。

(VirtualBoxのダウンロードページ)[http://www.virtualbox.org/wiki/Downloads]
でダウンロードできます。

VirtualBoxをインストール

ウィザードの手順に沿って行けば、簡単にインストールできます。
特に理由がなければ、推奨されている設定でどんどん進めましょう。

ubuntuの仮想ディスクを取ってくる。

VirtualBoxの準備が終わったら(ubuntuのプロジェクトページ)[http://www.ubuntu.com/download/ubuntu/download]からubuntuのインストールに必要なイメージファイル(iso形式のファイル)をダウンロードします。最新版の方が良いでしょう。
ダウンロードしたファイルを.VirtualBoxフォルダに保存します。
ubuntu

VirtualBoxで新規作成

VirtualBoxを起動し仮想マシンを 新規作成します。

仮想マシンの新規作成
新規ボタンをクリック

次へ
次へ。

OSタイプの選択
OSタイプを設定します。Linux,ubuntuをそれぞれ選んで次へ。
先ほどダウンロードしたubuntuのイメージファイルの場所を
聞かれるので、先ほど保存した場所を指定します。

メモリの設定
メモリの設定。使っているマシンにもよりますが1024MBくらい
割りあてていた方がいいです。

新規ハードディスクの作成
新規ハードディスクの作成を選択して、次へ。

VDIの選択
VDIを選択して、次へ。

Dynamically allocatedを選択
Dynamically allocatedを選択して次へ。

仮想ディスクの作成
これもマシンの状況によりますが、推奨されている8GBを割り当てておけば
勉強会では問題ないでしょう。

完了
createボタンを押して、完了です。

おわりに

以上で準備は終了です。
今回紹介したのは、あくまでやり方の1つなので、参考にしていただければよいかと思います。(例えばクラウドマシンを借りて準備するのもありです。)